片付けがだいぶ進んでくると往往にして陥るワナがある。

家が片付いてくると、「質」にこだわりたくなる時期が来る。

だいぶ物も絞り込まれ、ふと家を見て見ると…

なんだかキレイになってるけど、しっくりこない。

今まで適当に買って、隙間を埋めていた収納容器。

形もバラバラ、色もちぐはぐで、統一感が感じられない。


今こそだ!と、ブログや本で見て得た知識を披露するぞ!とばかりに、色、形、統一感を出したい衝動に駆られる。(こだわりの出始めの第一歩)

これ間違い。

一過性の衝動。

収納容器は決してお片付けの途中で買ってはいけない。

統一する事に意識が行き過ぎてしまい、結局また買い換える羽目になる収納容器を選んでしまうからだ。

「本で読んだように、容器は3つ以上並べると綺麗だから、買って後で入れる物考えよーーー。」

と言った、とりあえず感覚は厳禁だ!!

またおさらばする事になるだろう…by経験者。

人の家の美しく見える収納容器は、自分の家では綺麗に見えない。

だいたい入れる物が違うのだ。

収納の大きさが違うのだから、自分の家にもそれが当てはまると勘違いしてはいけない。by 勘違い経験者

勘違い野郎は、何度かこの失敗を重ねた。

だから、この勘違いをみんながするのを少しでも食い止める為に、声を大にして言っておきたかった。

え??もう遅い???

もう買い揃えた?片付けぴしーっとやりきる前に?

残念ですが、それを駆使して使いこなそうとすればするほど、またお片付けが大変な生活に戻ります。

潔く諦めよう。

先日barbieさんからお借りした
ミセス美香さんの
美的ハウスキーピングの本の中で 、

「扉を開けても美しい収納というのは、とことん整理にはげんだ人にだけ与えられるご褒美のようなもの」

とありました。ここで言う整理とはものをとことん絞り込む事ですね。

それを参考に、とことん整理をして、自分が納得いく量になって初めてお気に入りの収納容器を探すのが良いと思った。

なので、今も写真などまだ手付かずの物は、枚数をとことん減らして、十分整理しきった上でアルバムを選ぼうと思っている。

これまた「アルバムを買う」から入ると、同じ痛い目を見るだろうからな。



長くなるので、私の失敗例を後ほど。


いつも読んで下さってありがとうございます。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村


iPhoneからの投稿